スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDMIビデオキャプチャーカード どれにしよう?2013年8月8日

xboxLiveで友人たちとプレイしていると、対人戦ならではのハプニングやプログラムのバグ、遅延によるありえない処理などが発生して大笑いすることが多い。当然ボイスチャットをつないでいるので、その瞬間は笑いを共有することが出来るのだが、時間がたつと忘れてしまう。ちょっともったいないし、出来れば記録に残したい。他の誰のためでもなく、自分と友人たちのために。


早速amazonで情報を集めると多様なメーカーが色々な商品を出している。

まず、必要条件から考えていこう。

必要条件
1、1280×720p以上

youtubeの仕様がプログレッシブのため、インターレスは使用しない。

 

2、フレームレートは60fps

24fpsは動きが早いとカクカクするので60fps必要

24fpsで編集してるとコマ送りのときに画像が汚くてちょっとイライラする。

 

3、予算は1万円台が望ましい。

あまり高くてもなあ・・・

 

4、使用目的はHaloシリーズおよびLFD等のFPSがメインになる。


所持しているパソコン環境

CPU:corei7-3770k

メモリ:16GB

のデスクトップパソコンを買った(詳細別記事に)。



探してみると、まずは

REGIA ONE HDMIキャプチャーカード ※HDMI分配機能搭載

この商品にはパススルー機能があり、入力した信号をそのまま他の外部接続機器(テレビモニターなど)に出力できる。つまりHDMI分配器などを別に用意しなくても、遅延の問題をクリアできるので一番最初に候補に上がった。

ちなみに録画可能なのは

1920×1080i 24fps

1280×720p 60fps

720×480p 60fps


実際に使うのは1280×720p 60fpsになる。

HDMI分配器を購入しなくていいので魅力的だ。
値段も1万円を切っておりお手軽だ。
ただ、左右数ドット消えてしまうという欠点がある。



次に考えたのが

USB3.0 HDMIビデオキャプチャー「MonsterX U3.0R」

 

なんとこの商品は1920x1080p 60fpsの動画を「非圧縮」で取り込むことが出来る。劣化なくフルHD映像を取込めるので一番迷った商品だ。

更にパススルー機能も搭載しており、HDMI分配器無用とお得感もある。

ただ、 1920x1080p60fpsの動画を扱うにあたって問題が多々ある。処理するデータ量が非常に大きいため、

・HDDをRAID0で組む必要がある

・1時間で900GBの容量が必要

・もちろん、編集時も同じくらい必要



他に機器の問題点として

・Etron製、FrescoLogic製、VIA製USB3.0ホストコントローラーは動作対象外

・USBIntel製、Renesas(NEC)製USB3.0ホストコントローラーでの使用を推奨

・USB3.0ボードを増設している場合、PCI Express Rev2(GEN2)対応であること

・Rev1.1(Gen1.1)対応の場合はデータ転送速度が遅い為、高解像度での映像表示ができない


等々、USBの相性もあるのでちょっと二の足を踏んでしまった。現在2万円台だが値段が下がったら購入を考えたい。



次に検討したのが
エスケイネット MonsterX3 フルHDデジタルビデオキャプチャボード SK-MVX3

この製品、2013年の2月頃から6,000円台で売られていて(たぶん在庫処分)、ずーっと購入を迷っていたのだが、先日これの新型が出た、それが


SKNET MonsterX3A 1080 24p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVX3A

バージョンアップで変わった点は、「非圧縮AVIキャプチャ」が出来るようになったことだ。1920×1080 24p、60i、1280×720 60pの映像をリアルタイムに表示・録画することができる。

惜しむらくは1920×1080 「60p」に対応していないことだ。だが、非圧縮で取り込み可能なキャプチャボードが1万円台で出てきたことは素直にうれしい。

価格、性能面でこのキャプチャボードがバランスが取れているのでいいかな、と思った。

また、編集面でも非圧縮AVIキャプチャが出来ると、編集加工時の劣化が発生しないので良い。出来上がった映像が無残にも劣化していると、とてもとても悲しいものだ。

ただ、RAID0推奨とあるのが地味に気になる。実際に使ってみないとわからないね。

まあ、新商品だし、人柱を兼ねてぽちっと注文してみた。届いたらレビューする。


最後におまけとして

「SKNET MonsterXX 1080 60p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVXX」



最後の最後まで迷った商品がこちら。なんと、非圧縮で1080p 60fpsまで可能なのだ!おそらく手に入れられる商品としてはトップクラスだろう。しかし、価格が4万円台と高い、高過ぎる。正直これを購入しても動画編集技術が未熟なため残念な結果に終わりそうなのでやめた。腕に自信がある方にはオススメ。もちろん、非圧縮で録画するには高性能のデスクトップパソコンで、かつRaid0でHDDを組まなくてはならないので全体の出費がかなりかさむ。


ちなみにSKNETのHPのビデオキャプチャー商品一覧
http://www.sknet-web.co.jp/product/index_vid.html

スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

いま、「Xbox LIVE ゴールドメンバーシップ」を買うならどれを買ったらいいの? 2013年8月7日

先日、Microsoftから「ゴールドメンバーシップ(以下、Live)の期限切れますから、更新とかしてくださいねー」とメールが来た。

じゃあ、毎度のようにamazonでぽちるかと思い、ちょっとサイト内をうろうろしたらいつの間にか色々な種類がある。

・・・というかMicrosoftさん、多種多様な製品出し過ぎだよ。

色々出している意味がわからない。 これ初心者わかるのかね・・・


例えば、ボイスチャット同梱は「Live人口増加のためのサービス」とわかるけど、それだけでも3種類あるのは出し過ぎではないのかね?



あと、いつも思うのだがxbox本体からクレジットカードで直接購入するダウンロード版は製造流通広告宣伝費もかからないのだから、その分割引してくれてもいいと思うのだが。

あれか?釣れた魚に餌はやらないぜ!って感じなのかな。


結論 いま買うならこれが一番安い

Xbox LIVE 12ヶ月+1ヶ月 ゴールドメンバーシップ Halo4エディション

うん、間違いなくこれが一番安い。13ヶ月分のLiveで4272円とすぐ下の12か月分の商品を買うよりも若干安い。あと、Halo4エディションとあるようにゲーム内で使用できるエンブレムが1つ増えるらしい。あまり意味がないが。

で、最初に買おうとしたのはこちら

Xbox Live 12ヶ月 ゴールド メンバーシップ カード【プリペイドカード】

去年はこちらを買っていた。12か月分のみのシンプルなカード。


その他のゲームエディション版

それぞれの表示ゲームの特典が付き1ヶ月分付いてくるのだが、なぜかHalo版よりも高価なので、特典目当てで購入するのでなければ無駄です。 もし安くなったら買いです。





中途半端な物

Xbox LIVE 3ヶ月ゴールド メンバーシップ

期間が短すぎるので却下。


Xbox LIVE 12ヶ月+700 マイクロソフト ポイント パック


マイクロソフトポイントを別に買ったほうが割安。


初めてLiveに参戦する人でヘッドセットを持っていない人には

下の3つがヘッドセット付きのモデルがおすすめ。ヘッドセットいらんって人には無用の長物だが、初めてLiveやるって人にはバラで買うより割安。 マイクロソフトポイントがちょこっとついてくるが、おまけだと思ったほうがいい。また、マイクロソフトポイントが必要になったらクレジットカードで本体から買わないこと。ポイントだけカードとして売っているのでそちらを購入したほうが割安です。

1、XboxLive プレミアムゴールドパック Bomberman Liveエディション

ボンバーマンが付いてくるタイプ。購入後にネットにつないでダウンロードすると遊べる。Live対戦も可能。どこかのDさんにぼこぼこにされたっけ・・・

・12ヶ月ゴールドメンバーシップ
・ヘッドセット
・200マイクロソフトポイント
・Bomberman Live ダウンロードコード付



2、Xbox Live プレミアム ゴールドパック

こっちはテトリス付きのタイプ。値段もあまり変わらないね。

12ヶ月Liveカード

ヘッドセット

テトリス

200MSP



Xbox LIVE 12ヵ月ゴールド スターターキット

こちらはチャットパットという要はキーボード付だがxboxはほとんどのUSBキーボードを認識するので汎用のキーボードで十分だ。ただ、みんな買わないせいか(笑)ちょっと前モデルに比べて安い。

・ヘッドセット(リキッドブラック)
・12 ヶ月ゴールド メンバーシップ
・400 マイクロソフトポイント
・チャットパッド

おまけ

まあ、微々たる差だね。

livecardsa

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

Halo:Reach 外人の間違ったグレネードの使い方がすごい 2013年8月5日

halo4よりもReachの方が乗り物使いにやさしいと思いませんか?

halo4では初期装備からプラズマグレネード、プラズマガンが装備可能、かつ補給物資の投入で簡単に重火器が手に入ると、製作者の乗り物への悪意を感じます。

それはさておき、外人さんが素敵にプラズマグレネードを使っている動画を見つけました。2011年公開なので知っている方も多いかな?720pで視聴可能です。

AYellowSnowball & SillyGoose :: "Stickaholics" A Halo Reach Dual Sticktage - Edited by SillyGoose

http://www.youtube.com/watch?v=xJmbwozga3E


こちらはニコニコ動画での日本人の反応

 



「ちょ、普通にロケラン当てろよw」

「敵も誰もいないのに突然死したのはこの人が原因か!」

「なんだかプラグレを使いたくなる動画」

「プラグレってあんなに爆風で飛ぶのか!」

「すごすぎて参考にならんwww」


うん、わかるわー。

 



参考までにちょっと画像を抜き出してみました。


pura1

ガシンガシンと出てきた「THF」に左から飛んできた青い物体。

冒頭から不穏な空気しかしないw


 pura2
pipipipi・・・という電子音とともに球体表面のランプが消えていく。

こんなランプあったんだね。知らなかった。 


puragure3
早速第1話。ロケラン取った、グレ投げた。 


pura4
グレを追いかけるようにロケラン発射! 

pura5
弾速の違いから、わずかにロケット弾が早く壁に着弾。

爆風でグレネードの軌道が変化する。

その先にはスナイパーが・・・ 


pura6
ああああああっ! 



pura7
眼、眼が、メガぁアアアああああああああああーーーーー!!!! 



pura8
「バルス!」


pura9

ドヤアぱんち

ちなみにロケランで直接ベランダのふちを狙っても、スナイパーがチーフ2個分ふちから離れていると即死しません。なのでこの場合は有効な戦術かも。

と全編こんな感じです。自分の死すらお構いなしにグレネードキルに賭けている情熱を感じました。

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

tag : Halo Reach

プロフィール

ねろ

Author:ねろ
ねろさんです。興味を持ったことをできるだけ掘り下げて書いていこうかと思っています。このブログのメインはHaloシリーズです。どうぞよろしく。
リンクフリーです。写真の無断複製・転用はご遠慮ください。コメントは過去記事でも全て返します。ただ、スパム、広告等の場合問答無用で削除&拒否リスト入りにさせていただきます。というか最近多いです。やめてくだせえ。

http://nero889.blog.fc2.com/

カウンター
最新コメント
オススメのxboxOneゲーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。